◆ケミカルレポート 2010年12月号

自動車用エコマテリアル市場の現状と展望

−はじめに−
  • 地球温暖化対策、循環型社会の構築など、あらゆるシーンで環境対策が重要な今、自動車においても様々な環境対策が求められている。
  • 中でも最も大きな対策がCO2排出量削減といえる。燃費向上を目的としたエンジンの改良、車体の軽量化、低燃費タイヤの使用、現在のガソリン車よりもCO2排出量の低いEVやHEVなどの次世代自動車開発などが進められている。
  • それら自動車走行時におけるCO2排出量削減のほか、製造時の排出量削減対策として、カーボンニュートラルなバイオマス由来材料の使用も進んでいる。
  • 当レポートでは、CO2排出量削減に寄与する材料を自動車用エコマテリアルとし、バイオプラスチック、炭素繊維(CFRP)、グレージングの3品目に焦点を当て、レポート化を行なった。
  • 何れの品目も、コストや技術面でクリアしなければならない課題を抱えており、現状、採用は限定的であるが、自動車メーカー、材料メーカー、加工メーカーらの取り組みは積極化しており、今後の採用増加が大いに期待できる。
−調査ポイント−
自動車用エコマテリアルの位置づけ
自動車生産台数推移予測
自動車用エコマテリアル3品目市場
(1) バイオプラスチック
(2) 炭素繊維
(3) グレージング
−目次−
1. 自動車用エコマテリアル(1)
1) 自動車用エコマテリアルの位置づけ(1)
2) 対象3品目の状況(2)
3) 研究開発・技術動向(3)
2. 自動車生産台数推移予測(7)
3. エコマテリアル市場(8)
1) バイオプラスチック(8)
2) 炭素繊維(14)
3) グレージング(20)
−共通調査項目−
(1) 製品概要及び自動車用途の位置づけ
(2) 主要参入企業一覧
(3) 市場概要
(4) 価格動向
(5) 採用状況及び競合品との比較
(6) メーカー動向
(7) ブレイクスルーに必要な改善点
(8) 今後の方向性

ページトップ