◆ケミカルレポート 2010年11月号

プラスチック成形装置市場の動向

−はじめに−
  • プラスチック成形装置市場は、景気後退の影響によりプラスチック成形品ユーザーの設備投資の中止や先送りなどから2009年は、前年比約40%と大きく落ち込んだ。
  • しかし、プラスチック成形品市場はプラスチック成形装置ほどの落ち込みはなく、2009年のポリマー市場は前年比102%、プラスチックフィルム・シート市場は前年比96%とプラスチック成形装置市場ほどの落ち込みはなかった。
  • 近年、プラスチック成形装置の技術トレンドとしては、PLA由来向け、薄肉加工品向け、精密成形品向け、自動車やボトル向けなどが挙げられる。
  • また、近年は装置の省エネ化が進められている。省エネ化の追求は先進国だけでなく、特に中国の需要が高まっており、今後も省エネ化対応装置の開発が進められていくと考えられる。
  • プラスチック成形装置市場の開発動向を中心にポリマー市場およびプラスチックフィルム・シート市場の動向を捉えた。
−調査項目−
1. プラスチック加工成形法の分類
2. プラスチック成形装置の市場動向
3. 主要参入企業一覧
4. 近年のプラスチック成形装置の開発技術のポイント
5. フィルム・シート、ポリマー関連データ
6. 研究開発動向
−目次−
1. プラスチック成形法の分類(1)
2. プラスチック成形装置の市場動向(3)
3. フィルム・シート、ポリマー市場関連データ(4)
1) プラスチック成形装置およびプラスチック製景品市場の動向(4)
2) フィルム・シート市場関連データ(6)
3) フィルム・シート製品からみた有望用途(8)
4) 各種フィルム・シート分野における需要拡大が期待される用途(9)
5) 耐熱・透明ポリマー市場関連データ(11)
6) ポリマー分野における需要拡大が期待される用途(12)
4. 近年のプラスチック成形装置の開発技術のポイント(13)
5. 主要参入企業一覧(16)
6. 研究開発動向(17)

ページトップ