◆ケミカルレポート 2010年1月号

安定した需要が期待される食品容器市場の展望

−はじめに−
  • 食品容器市場は、生鮮食品、惣菜、弁当などの容器として一般消費者に供給され続けている。従来から、内容物を消費者に届ける一つの手段として、極力コストを抑えることが志向されてきた。
  • しかし、消費者意識の高まりから食品が美味しく見えるための工夫が容器には求められている。また、電子レンジ等の普及により再度加熱できるなどの利便性が要求され、素材間の代替動向が見受けられる。
  • さらに、近年のエコ意識の高まりから、樹脂使用量の削減、未活用資源の利用やカーボンニュートラル性を訴求した製品の開発・上市も行われている。
  • このような背景のもと、当該レポートでは、食品容器に使用されている原料・素材の現状と将来性について調査し、まとめた。
−調査ポイント−
1. 食品容器の分類
2. 食品容器市場概要
3. 食品容器用途及び競合・代替動向
4. 製品別ケーススタディ
−目次−
I. 食品容器市場概要(1)
1. 食品容器の分類(1)
2. 食品容器市場規模推移及び予測(2007年〜2012年予測)(2)
3. 用途及び競合動向(4)
II. 製品別ケーススタディ(6)
−共通調査項目−
1) 製品概要
2) 主要参入メーカー一覧
3) 市場規模推移及び予測(2007年〜2012年予測)
4) 価格動向(メーカー出荷価格)
5) メーカーシェア(2008年)
6) 用途動向
(1) 用途別ウエイト(2008年)
(2) 具体的用途例
7) 競合・棲分状況
8) 今後の方向性
1. PSP食品容器(6)
2. PPフィラー食品容器(9)
3. PP発泡容器(13)
4. A-PET食品容器(15)
5. OPS食品容器(18)
6. HIPS食品容器(21)
7. PLA食品容器(24)

ページトップ