◆月刊BT 2020年2月号

SaaS型RPA市場の現状と将来展望

−序−
  • 近年、顕著にみられている労働者人口の減少や残業時間の見直しなど、2019年4月に適用開始された「働き方改革」を大きな要因として業務効率化の必要性が高まっている。
  • こういった背景から、従来、人手によって機械的に行われていた定型的な入力業務などの代替としてRPAツールが注目され、利用ユーザーの増加、継続的に市場が拡大してきた。
  • これまで、オンプレミス型のRPAの利用が一般的であったものの、SaaS型RPA市場に参入するベンダーが増加していることから、SaaS型RPAの需要も拡大している。
  • 当レポートでは、SaaS型RPAにおける全体市場および業種・業態別分析、市場占有率などをまとめることで当該市場における現状を把握し、参入ベンダーの今後の取り組みや実績推移、市場に影響を与える外部要因などを踏まえ、当該市場の将来を展望した。
−調査ポイント−
  • SaaS型RPAの全体市場および業種・業態別に分析し、オンプレミス型との活用領域の違いを明確化
  • SaaS型RPAとオンプレミス型の性能や価格などから導入メリット・デメリットを分析
−目次−
序(1)
調査ポイント(1)
第1章 市場編(3)
1.1 RPAとは(3)
1.2 SaaS型RPAの現状と将来展望(4)
1.3 規模別動向(4)
1.4 当該サービス市場占有率(6)
1.5 当該市場参入企業一覧(7)
1.6 オンプレミス型とSaaS型の比較分析(8)
第2章 企業編(9)
2.1 チュートリアル(9)
2.2 C-RISE(11)
2.3 BizteX(13)
2.4 エヌ・ティ・ティ・データ(16)
第3章 注目市場動向(17)
3.1 RPA関連注目市場(17)
3.2 OCR(18)
3.3 チャットボット(19)

ページトップ