◆月刊BT 2020年1月号

給与明細電子配信システム市場の現状と将来展望

−序−
  • 2019年4月より「働き方改革関連法」の順次施行が開始されており、ITを活用した人事/総務関連業務の効率化に向けた取り組みが進んでいる。
  • 給与明細電子配信システムは、人事/総務部門における働き方改革を支援するソリューションとして、広く認知が進み、業種、企業規模を問わず需要は拡大している状況にある。
  • また、近年では日本のみならず世界的に「HRテック」のキーワードが注目を集めており、「HRテック」のソリューションの一端として当該システムの需要も拡大している。
  • 当レポートでは、給与明細電子配信システムの市場規模や市場占有率、参入ベンダーの取り組みなどを把握し、今後の方向性について展望した。
−調査ポイント−
  • 国内給与明電子細配信システム市場および主要参入ベンダーの取り組みについて調査/分析
−目次−
序(1)
調査ポイント(1)
第1章 給与明細電子配信システム市場(3)
1.1 当該システムの現状と将来展望(3)
1.2 当該システム市場規模推移(4)
1.3 当該システム市場占有率(6)
1.4 ベンダーポジショニング(7)
1.5 需要動向(7)
1.6 市場拡大要因/阻害要因(8)
1.7 主要システムベンダーのマーケティング戦略(9)
1.8 市場の方向性 (市場性やBPOベンダーなど協業連携の方向性)(10)
1.9 働き方改革の影響/インパクト(10)
1.10 主要参入ベンダー企業/製品、サービス一覧(10)
第2章 給与明細電子配信システム企業事例(11)
2.1 インターコム(11)
2.2 クリックス(14)
2.3 セコムトラストシステムズ(16)
2.4 BBSアウトソーシングサービス(19)
2.5 日立ソリューションズ西日本(22)

ページトップ