◆月刊BT 2019年11月号

勤怠管理ソフト市場の現状と将来展望 2019

−序−
  • 長時間労働やサービス残業など、日本国内での労働問題が注目される中で、行政、企業の両面で働き方改革への取り組みが進められている。
  • このような働き方改革の取り組みではITによるアプローチも幅広く行われており、2018年、2019年は特に勤怠管理システムの注目度が高まっている。従業員の勤務実態を客観的に記録/集計できる勤怠管理システムについては規模の大きい企業を中心に以前から活用されてきたが、近年では働き方改革関連法への対応、既存の労働関連の法規制の運用厳格化といった要因から、幅広い規模の企業が急速に導入を進めている。
  • 当レポートでは、企業で活用される勤怠管理システムの中でも勤怠管理機能に特化したソフトウェアである勤怠管理ソフトについてそれぞれの市場規模や占有率、参入ベンダーの取り組みなどを把握し、今後の方向性について展望した。
  • 市場については企業規模によって導入形態や導入背景が異なるため、企業の従業員数によって超大手(10,000名以上)、大手(9,999名〜5,000名)、準大手(4,999名〜1,000名)、中堅(999名〜100名)、中小(99名以下)とユーザーの企業規模別に市場を分け、それぞれの市場を把握した。
  • 勤怠管理ソフト関連のビジネス事例として、主要な勤怠管理ソフトおよび勤怠管理機能を有する人事・給与ソフト/ERPベンダーの企業事例を掲載した。
−調査ポイント−
  • 勤怠管理ソフトの国内市場規模/動向についてパッケージ/SaaS別、企業規模別に把握
  • 働き方改革、人手不足が市場に与える影響、メカニズムを分析
  • 多くの主要ベンダーが参入している国内市場を提供形態別、ターゲット別、チャネル別に整理
−目次−
序(1)
調査ポイント(1)
第1章 市場編(3)
1.1 勤怠管理ソフト市場の現状と将来展望(3)
1.2 勤怠管理ソフト市場規模推移(4)
1.3 勤怠管理ソフト市場占有率(8)
1.4 ベンダーポジショニング(13)
1.5 ユーザー傾向別需要動向(15)
1.6 主要ベンダーのマーケティング戦略(16)
1.7 市場を取り巻く状況(18)
1.8 市場の方向性(20)
1.9 主要参入ベンダー企業/製品一覧(20)
第2章 主要ベンダービジネス事例編(22)
2.1 Donuts(22)
2.2 Works Human Intelligence(25)
2.3 アマノ(28)
2.4 ネオレックス(31)
2.5 日立ソリューションズ(34)

ページトップ