◆月刊BT 2019年7月号

現場帳票ペーパーレス化ソリューション市場調査

−序−
  • 企業規模を問わず、人材不足が課題となっている企業が多くなっており、その中でも工事や点検などの現場業務に携わる人材不足は深刻である。例えば建設業界では業界全体で就業者数が年々減少しており、その背景には労働環境を理由に若者離れが進んでいるほか、就労人材の高齢化による引退なども重なっている。
  • 人材確保が難しい環境の中で業務効率の向上による対策が求められている。現場業務ではさまざまな帳票が用いられるが、紙帳票が多く破損や紛失のリスク、手書きでの報告など作業者への負担が高く、現場帳票に関わる業務の効率化へのニーズは高まっている。
  • このような背景と法人用途でのスマートデバイスが普及したことで現場帳票ペーパーレス化ソリューション市場は形成され、製造業や建設業、情報通信業、インフラ業(ガス、電気など)からサービス業までさまざまな業種で採用され、それぞれの現場業務に活用されている。
  • 本レポートでは、現場帳票ペーパーレス化ソリューション市場の現状を把握し、将来予測を行うとともに、各ソフトウェアメーカーの動向についてまとめた。
−調査ポイント−
  • 現場帳票ペーパーレス化ソリューションの市場動向、市場占有率の把握
  • 主要メーカーの製品/サービスの特長およびマーケティング戦略の明確化
−目次−
序(1)
調査ポイント(1)
第1章 現場帳票ペーパーレス化ソリューション市場編(3)
1.1 市場定義(3)
1.2 市場動向(4)
1.3 主要メーカー別OS/デバイス戦略(7)
1.4 主要メーカー製品一覧(8)
第2章 主要参入ソフトウェアメーカー編(9)
2.1 オプロ(9)
2.2 シムトップス(11)
2.3 G-Smart(13)
2.4 テクノツリー(15)
2.5 日立ソリューションズ・クリエイト(17)
2.6 PFU(19)
2.7 MetaMoji(21)

ページトップ