◆月刊BT 2019年4月号

Google Maps Platformエコシステムの現状と将来展望

−序−
  • 「みちびき」などGNSS(Global Navigation Satellite System)の整備や屋内測位技術の進展、スマートフォンなどGPS搭載端末が広く普及し、IoT、Society5.0や自動運転/自律制御の時代に向けて、空間情報/地図情報のさらなる利活用が期待されている。
  • 国内市場においては、スマートフォンをはじめとする情報端末の普及により、ビジネス、日常生活を問わず地図情報/位置情報を利用したサービスやアプリケーションの利用が一般的となっている。
  • 地図情報/位置情報の利用においては、システムやアプリケーションの基盤として地図作製企業が提供している地図情報を活用し、位置情報や各地点の情報、天候などさまざまなデータと組み合わせることで活用される。
  • 本企画では、地図/位置情報サービスの主要サービスである「Google Maps」および「Google Maps Platform」について、国内市場におけるエコシステム、ニーズ動向、ビジネス規模、パートナー戦略、最新技術との関連性、今後の成長が期待されるソリューションなどの観点で整理し、市場の動向をまとめた。
−調査ポイント−
  • 「Google Maps Platform」のエコシステムや、当該サービスが参入しているWeb GIS、地図情報ソリューション市場について、業界構造をまとめた。
  • 「Google Maps Platform」ビジネスのパートナー状況や、直近での体制/プラン変更の影響について市場動向を整理した。
  • 主要なパートナーについて、ビジネス状況を整理した。
−目次−
序(1)
調査ポイント(1)
第1章 総括編(3)
1.1 地図/位置情報ソリューションのエコシステム(3)
1.2 Google Mapsエコシステム(4)
1.3 業種別活用ソリューション例(5)
1.4 Google Maps Platformサービス概要(6)
1.5 国内市場主要参入Web GISサービス(7)
1.6 Google Maps Platform実績推移(8)
1.7 ユーザー別市場動向(10)
1.8 国内市場シェア(11)
1.9 主要ソリューション/主要サービス(12)
1.10 注目技術/注目サービスと同社ビジネスの影響(13)
1.11 主要販売パートナー一覧(14)
第2章 パートナー編(15)
2.1 ゴーガ(15)
2.2 シグナイト(17)
2.3 日立ソリューションズ(19)

ページトップ