◆月刊BT 2018年9月号

勤怠管理/給与明細配信市場の現状と将来展望

−序−
  • 過重労働やサービス残業など、国内の労働問題が注目される中で、2016年頃から働き方改革への取り組みが進められている。
  • こうした働き方改革の取り組みについてITによるアプローチも幅広く行われており、特に勤怠管理システムの注目度は高い。従業員の勤務実態を客観的に記録/集計できる勤怠管理システムについては以前から大手企業を中心に活用してきた企業も多いが、近年では労働関連の法規制の運用厳格化から、幅広い規模の企業に導入が進んでいる。
  • 働き方改革推進の一環として作業量が多く就労時間を圧迫する業務をITで代替するソリューションも注目されており、給与明細配信システムもその一つである。
  • 給与明細配信システムは従来の紙ベースの業務効率化、省力化、コスト削減を実現する製品として訴求されている。業務量/コストに明確な導入効果をもたらし、働き方改革に貢献するソリューションとして利用者の拡大がみられる。
  • 当レポートでは、勤怠管理システム/給与明細配信システムについてそれぞれの市場規模や占有率、参入ベンダーの取り組みなどを把握し、今後の方向性について展望した。
  • また、市場については企業規模によって導入形態や導入背景に差があるため、企業の従業員数によって勤怠管理システムは超大手市場(10,000名以上)、大手市場(5,000名〜9999名)、準大手市場(4,999名〜1,000名)、中堅市場(100名〜999名)、中小企業(99名以下)に、給与明細配信システムは大規模市場(10,000名以上)、中規模市場(1,000名〜9999名)、小規模市場(999名以下)に分け、それぞれ市場を把握した。
−調査ポイント−
  • 国内勤怠管理システム市場および主要参入ベンダーの取り組みについて調査/分析
  • 国内給与明細配信システム市場および主要参入ベンダーの取り組みについて調査/分析
−目次−
序(1)
調査ポイント(1)
第1部 勤怠管理システム編(3)
第1章 勤怠管理システム市場(3)
1.1 当該システムの現状と将来展望(3)
1.2 当該システム市場規模推移(4)
1.3 当該システム市場占有率(7)
1.4 ベンダーポジショニング(12)
1.5 需要動向(13)
1.6 市場拡大要因/阻害要因(13)
1.7 主要システムベンダーのマーケティング戦略(14)
1.8 市場の方向性 (市場性やBPOベンダーなど協業連携の方向性)(16)
1.9 働き方改革の影響/インパクト(16)
1.10 主要参入ベンダー企業/製品一覧(17)
第2章 勤怠管理システム企業事例(19)
2.1 アマノ株式会社(19)
2.2 株式会社日立ソリューションズ(21)
2.3 ヒューマンテクノロジーズ株式会社(23)
第2部 給与明細配信システム編(25)
第3章 給与明細配信システム市場(25)
3.1 当該システムの現状と将来展望(25)
3.2 当該システム市場規模推移(26)
3.3 当該システム市場占有率(28)
3.4 ベンダーポジショニング(29)
3.5 需要動向(30)
3.6 市場拡大要因/阻害要因(31)
3.7 主要システムベンダーのマーケティング戦略(32)
3.8 市場の方向性 (市場性やBPOベンダーなど協業連携の方向性)(33)
3.9 働き方改革の影響/インパクト(33)
3.10 主要参入ベンダー企業/製品一覧(34)
第4章 給与明細配信システム企業事例(35)
4.1 セコムトラストシステムズ株式会社(35)
4.2 株式会社BBSアウトソーシングサービス(37)
4.3 株式会社日立ソリューションズ西日本(39)

ページトップ