◆月刊BT 2018年5月号

Webサイト内検索サービス市場動向 2018

−序−
  • 企業において、Webプロモーションはもはや一般的となっており、その手段の一つとして、Webサイトを活用した商品/サービスの情報提供が挙げられる。
  • 顧客への情報提供手段としてWebサイト内のコンテンツは増加傾向にあり、その大量のコンテンツの中から、顧客は目的とする情報を取得する必要がある。
  • Webサイト内において必要な情報が取得できない場合は、ビジネス機会の損失や不満拡大の要因となり得る。こうした背景の中で、顧客がWebサイト内検索を支援するサービスとして、「Webサイト内検索サービス」が注目されている。
  • 一方で、当該市場において、安価に利用可能であったグーグルのサービス提供が停止され、グーグルのサービスを利用していた企業において別のWebサイト内検索サービスへの乗り換え需要が発生しており、2017年度は当該市場が大きく拡大した。
  • 当レポートでは、クラウド型のWebサイト内検索サービスのビジネスの現状を把握し、今後の方向性を明らかにすることを目的とした。
−調査ポイント−
  • 国内のWebサイト内検索サービス市場動向を調査。
  • 主要参入ベンダーのサービスの特長や取り組みを把握。
−目次−
序(1)
調査ポイント(1)
第1章 Webサイト内検索サービス市場編(3)
1.1 市場定義(3)
1.2 Webサイト内検索サービス市場の現状と将来展望(4)
1.3 ユーザー規模別動向(6)
1.4 ベンダー別市場占有率(7)
1.5 Webサイト内検索サービスを取り巻く環境(9)
1.6 主要サービス一覧(10)
第2章 Webサイト内検索サービスベンダー編(11)
2.1 SyncThought(11)
2.2 スカラコミュニケーションズ(14)
2.3 ビジネスサーチテクノロジ(16)
2.4 マーズフラッグ(19)

ページトップ