◆月刊BT 2018年1月号

気象データ流通ビジネスの現状と将来展望

−序−
  • 世界的な気候変動が進んでいる昨今の状況において、気象データを提供する提供企業は従来の予測方式を運用しながら、より正確な予報を行うべくIoTやAI/人工知能の技術を活用し、予測方式の改善を目指した取り組みが進められている。
  • 気象データを利用しビジネスに活用していく取り組みは従来も存在していたが、スーパーコンピューターやビッグデータ分析、IoTなどの近年の技術の発展により、より詳細で高精度な気象予測が可能となり、従来はみられなかった新たな気象データの活用用途の拡大が期待される。
  • 国内市場では、携帯電話やインターネットの普及によって気象データ提供サービスの集約/淘汰が進み、気象データ提供市場は厳しい競争が進められてきた。各社は気象データを活用したソリューションを含めた付加価値の高い気象データ提供ビジネスによって事業の拡大を図ろうとしている。
  • 当レポートでは、気象データの提供/活用によるビジネスの現状を把握し、関連するIT技術の影響を明らかにしながら、将来の展望を行った。
−調査ポイント−
  • 国内の気象データ提供市場の推移、今後の市場拡大に向けた取り組みを把握。
  • 人工知能やIoTなどの近年注目されているIT関連技術の発展による影響(精度の向上/活用用途の増加)について整理。
−目次−
序(1)
調査ポイント(1)
第1章 総括編(3)
1.1 市場定義(3)
1.2 気象データの主要な活用用途(4)
1.3 気象データ活用の現状(5)
1.4 市場概況(7)
第2章 注目市場編(12)
2.1 運輸業(12)
2.2 インフラ(15)
2.3 興行(18)
2.4 その他業種(20)
第3章 参入企業編(21)

ページトップ