◆月刊BT 2017年5月号

ECサイト構築ソリューション市場調査 2017年版

−序−
  • 経済産業省の「平成27年度我が国情報経済社会における基盤整備(電子商取引に関する市場調査)報告書」によると、2015年の日本国内のBtoC-EC市場規模は13.8兆円(対前年比107.6%)に拡大している。
  • EC市場の成長要因は、特に教育サービスや理美容サービスなど新たなECサイトの増加が進んでいるサービス系分野(対前年比109.4%)と、電子出版や有料動画配信などのデジタル系分野(対前年比108.1%)の成長が著しかったためである。
  • 2014年頃からオムニチャネルに対する投資が物販業界全体で広がる中で、ECサイトと実店舗ビジネスとの事業連携を図るための取り組みがECサイト事業者でも進んでいる。
  • このような背景の下、ECサイトを構築する販売事業者が増加しており、各ECサイト構築パッケージソフトウェア/SaaSメーカー間の競争が激化している。
  • ECサイト構築パッケージソフトウェア/SaaSはECとしての機能面でのメーカー差異は少なくなっているが、上記のようなO2Oに関連した機能やマーケティング支援などの高付加価値サービスの提供が進められている。
  • 当該レポートでは、ECサイト構築ソリューション市場の現状を把握し、将来予測を行うとともに、各ECパッケージソフトウェア/SaaSメーカーの動向についてまとめた。
−調査ポイント−
  • ECサイト構築ソリューションの市場動向、市場占有率の把握
  • 主要ベンダーの製品/サービスの特長およびマーケティング戦略の明確化
−目次−
序(1)
調査ポイント(1)
第1章 ECサイト構築ソリューション市場(3)
1.1 ECサイト構築ソリューション市場の定義(3)
1.2 全体市場動向/メーカー別市場占有率(4)
1.3 業界別市場動向/メーカー別市場占有率(6)
1.4 EC事業規模別市場動向/メーカー別市場占有率(9)
1.5 EC事業規模別ECサイト構築ソフトウェアメーカーの位置付け(12)
1.6 主要メーカー製品一覧(13)
第2章 ECサイト構築ソフトウェアメーカー編(14)
2.1 ecbeing(14)
2.2 インターファクトリー(18)
2.3 エスキュービズム(21)
2.4 コマース21(24)
2.5 セールスフォース・ドットコム(27)
2.6 ワークスアプリケーションズ(30)

ページトップ