◆月刊BT 2016年3月号

No. 100 高速開発ツール市場の現状と将来展望 2016

−序−
  • 企業における業務アプリケーションは過去30年で大きく変化している。従来、自社業務に最適なシステムをスクラッチ開発し、適時必要な機能を追加する保守/メンテナンスするといった手法が採用され、他社との競争優位性を保ってきた。
  • しかしながら、こうした独自開発を行ってきたことでプログラムがスパゲティ化/ブラックボックス化し、保守/メンテナンスコストが増加していることに加え、社内技術者の高齢化などによって保守/メンテナンス自体を実施することが困難な企業も出始めている。
  • 一方で、IT環境としては、Javaなどのプログラム言語トレンド変化、IoT/クラウドコンピューティング/スマートデバイスといった新たな技術の進展に加え、ビジネスのグローバル化、マイナンバー対応など外部環境の変化への対応によって、よりスピーディに業務アプリケーション開発を行うニーズが拡大している。
  • 「高速開発ツール」は、アプリケーション開発工程を自動化することによって業務アプリケーション開発の期間を短縮化するとともに、属人性を排除し、プログラムの高品質化、可読性によってメンテナンス性の向上などが実現可能となることから、企業が抱える課題を解決する手段の一つとして注目されている。
  • 当レポートでは、アプリケーション開発工程において自動化を実現するツールを「高速開発ツール」と定義し、市場規模や市場占有率を把握するとともに、今後の方向性について展望した。
−目次−
序(1)
第1章 高速開発ツール市場編(3)
1.1 高速開発ツールの定義と調査対象(3)
1.2 高速開発ツール市場規模推移(4)
1.3 高速開発ツールを取り巻く環境(5)
1.4 市場占有率推移(8)
1.5 主要参入企業一覧(10)
1.6 主要参入企業製品の機能比較(11)
1.7 主要参入企業製品の特長比較(12)
第2章 ベンダー編(13)
2.1 インテリジェント・モデル(13)
2.2 キヤノンITソリューションズ(15)
2.3 サピエンス・ジャパン(17)
2.4 ジェネクサス・ジャパン(20)
2.5 日本電気(22)
2.6 日立製作所(24)
2.7 富士通ミッションクリティカルシステムズ(26)
2.8 BlueMeme(28)

ページトップ