◆月刊BT 2015年7月号

No. 92 スマート動態管理サービス市場

−序−
  • 近年、クラウドサービスを利用して企業のシステム開発費のコストを抑えることが可能となった。
  • これまでシステム開発費に投資をかけられなかった中小企業などのユーザーがIT活用を実現する動きが出てきている。そのような動きの一つとして、スマートデバイスを利用し、人の動態管理を行うことで業務の効率化やコスト削減などを実現することへのニーズが高まっている。
  • そのような中、スマート動態管理サービスに関するSaaSを提供する企業が増加しており、今後さらなる市場拡大をしていくとみられる。
  • 上記のような状況を背景として、スマート動態管理サービス市場の現状を捉えながら今後の動向についてまとめた。
−目次−
序(1)
第1部 総括編(3)
第1章 調査総括(3)
1.1 スマート動態管理サービス市場売上推移(3)
1.2 スマート動態管理サービスの成長要因(3)
第2章 調査の範囲と定義(4)
2.1 スマート動態管理サービス市場ついての定義と範囲(4)
第3章 スマート動態管理サービス市場の移動通信デバイス(6)
3.1 スマートデバイスの機能性(6)
第4章 スマート動態管理サービス市場環境(8)
4.1 企業のスマートデバイス導入率について(8)
第2部 市場編(9)
第5章 市場動向(9)
5.1 市場規模および予測(9)
5.2 スマート動態管理サービス市場の現状(11)
5.3 主要製品一覧(13)
第3部 企業編(14)
第6章 企業個票(14)
6.1 企業名:株式会社オンラインコンサルタント(14)
6.2 企業名:株式会社日立ソリューションズ(16)
6.3 企業名:ドコモ・システムズ株式会社(18)
6.4 企業名:レッドフォックス株式会社(20)
6.5 企業名:株式会社ナビタイムジャパン(21)
6.6 企業名:株式会社ゼンリンデータコム(23)

ページトップ