◆月刊BT 2013年12月号

No. 73 サーバー市場の現状と将来展望

−序−
  • 今日の企業活動では業務のシステム化が進行し、IT技術の活用は不可欠となっている。このような企業ITシステムの基盤となるサーバーは、企業でその重要性を増している。
  • オープン系サーバーが急速に普及し、市場は拡大期から成熟期へと移行している。そのため、多くのハイテク製品と同様にサーバー市場においてもコモディティ化が進み、価格重視の戦略を取らざるを得なかった。
  • 価格競争が激化している上、コストを削減するため、仮想化技術によってサーバーの効率的運用・統合化が進んでいる。そのため、サーバーを提供するベンダーにおいても販売モデルの変化が生じており、データセンター事業者をターゲットとした製品開発やマーケティング戦略の強化が必要になっている。
  • ベンダー各社も他社との差別化を図るべく、サーバーの設置環境対策や省電力化、管理運用機能の充実化に注力している。
  • 当レポートでは、主なメーカーにおける事業展開状況や需要動向の観点から、サーバー市場の現状を概観するともに、今後2015年にかけての市場を展望した。
−目次−
序(1)
第1章 調査総括(3)
1.1 国内サーバー市場(3)
1.2 サーバーに関する基礎情報(4)
1.3 サーバーの課題点(5)
第2章 市場編(8)
2.1 調査対象市場定義/カテゴリー(8)
2.2 国内市場規模(9)
2.3 アーキテクチャー別国内市場シェア(10)
2.4 筐体別市場(14)
2.5 市場成長要因/阻害要因(15)
2.6 主要製品一覧(16)
第3章 企業編(21)
3.1 NEC(21)
3.2 富士通(23)
3.3 日立製作所(25)
3.4 日本HP(26)
3.5 デル(28)
3.6 日本IBM(29)
3.7 Cisco(30)

ページトップ