◆月刊BT 2012年6月号

No. 55 アクセス解析ツール市場の現状と将来展望

−序−
  • 企業のWebを用いたマーケティング戦略への意識が高まったことによって、Webページを最適化し業績向上に繋げる取り組みが各社で積極的に行われている。アクセス解析ツールはこのWebページ最適化を行うにあたって欠かすことのできないツールであり、ユーザーのニーズの高度化に伴って、製品・サービス体制ともに高機能化してきた。
  • しかし、主要なユーザー層の取り込みは沈静化したことによって、現在のアクセス解析ツール市場は飽和状態にあり、今後は新規需要の獲得のため新しい用途やニーズを汲み取らなければならない現状にある。
  • また、Google社が無料で提供しているアクセス解析ツールである「Google Analytics」も近年のバージョン更新に伴い、機能の高度化が進んでおり、有料ツールとの差異が無くなりつつある。そのため、アクセス解析ツール市場に参入する各ベンダは製品の差別化に取り組む必要に迫られている。
  • 当レポートでは、アクセス解析ツール市場の動向を整理、分析し、主要企業ごとに製品のマーケティング戦略をまとめるとともに、今後2015年にかけての市場を展望した。
−目次−
序(1)
第1章 調査総括(3)
1.1 アクセス解析ツール市場の現状(3)
1.2 解析ツール市場の今後の展望(3)
第2章 市場編(4)
2.1 調査対象市場の定義/範囲(4)
2.2 市場概況(4)
2.3 市場構造(7)
2.4 主要参入企業動向(10)
2.5 国内市場規模推移(11)
2.6 国内市場占有率推移(12)
2.7 市場拡大要因/阻害要因(13)
2.8 今後の市場展望(14)
2.9 主要メーカー・製品一覧(14)
第3章 企業編(16)
3.1 (株) Platform ID(16)
3.2 (株) アイ・エム・ジェイ(19)
3.3 アドビ システムズ (株)(23)
3.4 (株) キーポート・ソリューションズ(27)
3.5 (株) サムライファクトリー(31)
3.6 (株) デジタルフォレスト(35)
3.7 (株) 日本クラウディア(38)

ページトップ