◆月刊BT 2009年11月号

No. 28 業界研究 自動車部品業界/自動車部品製造業向けソリューションの市場動向

−序−
  • 自動車産業は、言うまでもなく我が国を代表する基幹産業であり、自動車メーカーならびに多くの部品メーカー等が関与し、産業の裾野が広く、我が国経済に対する影響が極めて大きいことが特徴である。2008年以降の世界的な経済危機によって、国内自動車メーカーも大幅な原産を余儀なくされるなど、甚大な影響を被っている。
  • 他方、19世紀終盤に実用化されてから今日まで自動車の主な原動力として採用されてきたガソリンを主な燃料とする内燃機関を、電気モーターなど他の原動力に代替する動きが活発化している。気候変動による自然への影響が世界各地において様々なかたちで顕在する中で、走行に際して二酸化炭素や有害物質等を排出するガソリンエンジンを見直す動きとして捉えることができる。このようないわゆる「脱ガソリン」によって、自動車の構成部品は大幅に変化し、その結果自動車産業を支える部品製造業界へのインパクトも多大なものがある。
  • 本レポートは、第1部において「業界研究」シリーズとして自動車部品業界を取り上げ、その業界構造や経営環境の変化といった基本情報を把握すると共に、その結果たるITソリューションに対するニーズの変化について分析した。また第2部では、自動車部品業界向けに提供されるITソリューションの市場動向と主なソリューションについて調査を行った。
−目次−
序(1)
第1部 業界研究 自動車部品業界(3)
第1章 業界動向(3)
1.1 自動車部品業界の概要(3)
1.2 業界構造(5)
第2章 IT投資ニーズ(8)
2.1 自動車部品業界における経営課題と対策(8)
2.2 動車部品業界におけるITシステムの現状(11)
2.3 ITソリューションに対するニーズ動向(12)
第2部 自動車部品製造業向けソリューションの市場動向(14)
第3章 市場動向(14)
3.1 市場定義および調査範囲(14)
3.2 市場環境および参入状況(14)
3.3 市場概況(16)
3.4 市場規模推移(16)
3.5 将来展望(16)
第4章 基幹業務ソリューションの主要例(17)
4.1 日本電気株式会社(17)
4.2 富士通株式会社(17)
4.3 株式会社日立製作所(18)
4.4 SAPジャパン株式会社(19)
4.5 株式会社NTTデータ東海(21)
4.6 住商情報システム株式会社(22)
4.7 株式会社ニッセイコム(22)
4.8 三菱電機株式会社(23)

ページトップ