◆月刊BT 2007年6月号

No. 3 NGN(Next Generation Network)の最新動向

−序−
  • 情報通信技術は時代を経るにつれて、社会における重要度を増してきましたが、その重要度が高まるほどネットワークは複雑になり、サービスの提供主体である電気通信事業者にかかる負担は大きいものとなりました。特にここ10年程のブロードバンドと携帯電話の爆発的普及は、従来電気通信事業者の収入源となっていた音声トラフィックを著しく減少させました。
  • そこで、各電気通信事業者がネットワークの統合と新たなビジネスモデルの模索のために構築を始めたのが今回の調査テーマNGN(Next Generation Network)です。
  • NGNは電気通信事業者のみならず、通信機器メーカーやSIベンダ、さらには政府も関わっており、業界では「回線交換網以来の通信革命」とさえ言われています。
  • なぜ、NGNがこれだけ話題になっているのか、そして各企業はNGNに対してどのように取組んでいるのかを追うことにより、NGNの概観を捉えました。
  • このレポートが、当該市場において事業を展開するメーカー・ベンダのご担当者はもとより、企業向けプラットフォームにかかるビジネスのグランドデザインを描く戦略立案・推進ご担当者、あるいは企業の中でIT戦略を推進するご担当者にとって一助となれば幸いです。
−目次−
調査設計(1)
第1章 NGNの概要と調査領域(2)
1.1 NGNとは(2)
1.2 NGN構築の背景(4)
1.3 NGNを構成する特徴的な技術(5)
1.4 調査領域と主要参入事業者(6)
第2章 市場概況(7)
2.1 市場促進的要因(7)
2.2 カテゴリ別に見る市場概況(8)
第3章 市場規模予測(9)
3.1 国内トータル市場規模(9)
3.2 国内カテゴリ別市場規模(10)
第4章 主要参入事業者の動向(13)
4.1 日本電信電話株式会社(13)
4.2 KDDI株式会社(16)
4.3 日本電気株式会社(19)
4.4 沖電気工業株式会社(24)
4.5 その他の参入事業者動向(27)
第5章 まとめ(33)

ページトップ